看護教員の募集を探す

mfjuht

看護師の免許があれば良いわけじゃない!

mfjuht

看護師としての実務経験はあるものの、
結婚や出産などで休職した看護師も居ますよね。

家庭がある看護師の中には、看護師として勤務すると、どうしても家事に影響が出てしまうため、別の働き方を探しているという人も居ます。

 

中には看護教員として勤務することを
視野に入れている人も居るかもしれませんよね。

看護教員になるためには、
看護師の免許さえあればいいと考えている人も、中には居るでしょう。

 

ですが、実際に看護教員になるためには、
看護師免許のほかにも、
臨床経験が5年以上必要などという条件があるんですよ。

研修を受ける必要もあります。
再就職先として検討するには、
看護教員は少し大変な仕事となってしまいます。

 

看護学校の看護教員の場合には、
最低でも半年程度の研修を受講する必要があります。
また、高校の看護科の場合、教員免許も必要となりますよ。

すでに看護大学を出ていて、
教員免許(看護)を取得している人以外は難しくなります。

 

看護大学や看護短大となれば、教員を目指す人は多くなりますし、
研究室などには教員予備軍が多く居ます。

復職するにあたり、「看護教員もいいかな?」なんて軽い気持ちでは、
とてもなることが出来ない職業となっています。

 

 

mfjishrt

看護教員の募集はどうやって行われているの?

mfjishrt

看護教員の仕事を探したいと考えても、
なかなか仕事や求人が見つからないという人は多いと思います。
ハローワークなどでもなかなか見つからないと感じるでしょう。

看護教員の場合には、ハローワークなどよりも
看護師専門の転職サイトなどを利用している学校が多いんですね。

 

もともと看護教員には看護師免許があり、
臨床経験を一定年数以上持つことが必須となります。

そのような理由から、一般に広く公開される場所で求人を行うよりも、
看護師の経験がある人に募集をかけるほうが、
効率的だということなんです。

 

看護師の学校には様々な種類がありますので、
自分の就業条件に合っている学校も、
転職サイトであれば見つけやすくなります

もし自分が卒業した看護学校の教員募集があれば、
お世話になった教員に連絡をとることで、
採用に近づくことができるかもしれません。

 

看護学校では、卒業生を中心とし教員を採用していたり、
職員の人脈を利用して看護教員を採用している事が珍しくありません。

卒業生の採用や人脈での採用というのは、
在学していた頃の教員が今も勤務していたり、
知り合いが教員として勤務している際に期待できることです。

 

そのため、すでに顔見知りの教員が居ないという場合には、
この方法は少し難しいとも言えます。

このような場合、独自に学校のサイトなどで
求人を受け付けている場合があります

 

卒業した学校のサイトや、
知り合いが勤務している看護学校のサイトなどを確認し、
求人情報があるかどうかチェックしてみるといいかもしれません。

 

 

nfuiwehtr

看護教員を目指してみませんか?

nfuiwehtr

超高齢社会となっている今の日本では、
看護師の需要がさらに高まっています。

ですが、看護師は国家資格がなくては出来ない仕事ですし、
国家資格を取得するために、
看護学校などで専門的な教育を受ける必要がありますよね。

 

この看護学校で看護師を育成する看護教員は、
看護師の国家資格を取得していなくてはなりません。

将来必要となる看護師を育成するために、
看護師の免許を取得している人に教員になってもらう必要性は
とても高いとされています

 

ですが、臨床現場でも看護師が不足しているために、
看護教員の数が確保しづらい可能性がありますよね。

もし看護教員に興味が有るという方には、
ぜひ将来の看護師を育成することに目を向けていただけたらと思います。

 

看護師の職場は、勤務がかなり過酷ですよね。
昔の職場環境と比べて、
今の看護師の職場環境はかなり改善されてきています

それでも一般的な職場環境と比べると、
決して良い環境だとは言いがたいですよね。

 

職場環境の改善は、現場で勤務する
看護師の努力によりおこなわれているんです。

将来の医療や看護を担っていく看護師を育成する教員には、
このような看護師の職場改善に取り組む事が出来る看護師を
育成することも大切になっています。

 

看護師自身が看護師の職場環境を整える事が出来るような、
そんな人材教育はとても重要です。

 

 

wuiehrfg

教員となるには免許が必要なの?

wuiehrfg

看護教員になる場合、教育者という立場から
教員免許が必要なのかと考える人も居ると思います。

ですが、実際に看護教員として働く上で教員免許が必要となるのは、
高校の看護科の教員のみなんですね。

 

看護学校や看護大学、看護短大などでは教員免許ではなく、
臨床経験が5年以上あるということであれば問題ありません。

ですが、看護学校の場合には、免許ではなく研修が必要となり、
大学や短大であれば研究を積んだ実績などが必要となります。

 

どのような学校の教員になりたいのかによって、
選ぶべき進路が異なるんですね。
そのため、早いうちから進路を考えておく必要があるんですよ。

教員となるための実務経験は、最低でも5年です。

 

看護大学を卒業し、その後研究者として
看護大学の教員を目指す場合であっても、

5年の臨床経験が必要となることを考えると、
大学に入学する以前から教員となることを考えておかなくてはなりません。

 

実務経験を積むうちに、教員として教えるよりも、
看護師として勤務するほうが良いと思うかもしれません。

それに、教員に応募しても、
必ず採用されるとは限りませんよね。

 

看護師から身を引き、教員の道を選ぶ人も居ます。

実際には教員になるという事はかなりの高倍率となりますので、
この点は注意しなくてはなりません。

 

 

mdfuiht

看護教員の給料などの待遇はどんな感じ?

mdfuiht

看護師の給料はとても高いとされています。

今まで高い給料で働いてきたのに、
看護教員として働き始めた途端に給料が下がってしまったというのは、
よくあることなんですよ。

 

看護教員になるために、その選考方法や提出する書類については
しっかりと確認する人が多くなりますが、
採用されてから給料の低さに驚いたという人が多くなっています。

働き始めてから給料面での不満が出る事がないよう、
就職した際の給料を事前に確認しておくことが大切です。

 

看護師の仕事は人の命を預かる仕事ですよね。
そのため、なかなか急な休みを取得することが難しい部分があります

こども急な病気のために、看護師仲間に勤務を代わってもらった
という経験がある看護師も居るでしょう。

 

ですが、看護教員となった場合、
看護教員の同僚に代わってもらうことは難しいんです。

その理由としては、もともと看護師の配置と比べ、
看護教員の数が少ないという点や、
看護教員ごとに担当している科目が異なるという点が挙げられます。

 

どうしても私的な事情で休むことが難しくなりますので、
そのような点はしっかりと理解しておくことが必要です。

 

 

muishjet

就職先の運営母体と研修内容は要チェックです!

muishjet

看護師となるために看護学校に通っていた人が
ほとんどだと思います。

そんな看護学校で教員となって、
未来の看護師を育成していきたいという人も居ますよね。

 

当然ですが、自分が卒業した看護学校以外にも、
看護学校は数多く存在しています。

どの看護学校で教員になるのかという事を考える際には、
その学校の運営母体を確認しておくことが大切です。
看護学校を運営する経営母体には色々とあります。

 

例えば、病院などの医療法人が運営しているケースや、
大学などの学校法人が運営しているケース、
地方自治体が運営しているケースがあります。

それぞれのケースによって、勤務地や勤務形態が異なる事がありますので、
しっかりと確認しておくことが大切になります。

 

看護学校に専任教員として就職し、実際に生徒に教えるとなると、
取得すべき資格があるんです。

そのため、看護学校の教員になる資格を取得してから教員となるのか、
教員として採用されてから研修を受ける事が出来るのかによっては、
就職の条件がかなり異なります。

 

また、看護教員として就職した後も、
教員としての研修が待っている可能性もありますよね。

指導していく立場として、最新の医療技術の習得や
知識というものが必要になることがあります。

 

研修制度がどのようになっているのかという点は、
病院に看護師として入職する際よりも、
しっかりと確認しておくべき点です。

 

 

nfjhurht

看護教員になるには高校進学前の進路決定が重要

nfjhurht

看護教員になるためには、
看護師学校や看護大学を出ればいいという事ではありません。
看護教員には一定期間の臨床経験が必要です。

学校の種類によっては、看護大学や大学院を卒業していることを
必要とされる場合もありますよ。
このように、実は条件というのは様々なんですね。

 

高校の看護科の場合、大学を卒業し、
高等学校教員(看護)の免許が必要となります。

看護教員になりたいと言っても、
目指している教育施設の種類によって、
看護師の資格を取得するために目指す学校を選ぶ必要があるんですね。

 

看護師として勤務するだけであれば、
どの学校に行かなくてはならないというような決まりはありません。

ですが、あらかじめ将来は看護教員になりたいという目標がある場合、
どの学校を卒業して看護師の資格を取得するのかが決まっているんです。

 

例えば、高等学校の看護科の教員になりたい場合、
看護大学で教員免許を取得することが出来る学科を
選ばなくてはなりません。

看護大学や看護短大の教員になりたい場合、
少なくとも大学教員であれば大学院を、
看護短大であれば看護大学を卒業しなくてはなりません。

 

高校進学の前にはこのような事も頭に入れつつ、
進路を選ぶ必要があるんですね。

看護専門学校の場合には、看護師としての臨床経験があれば
看護専任教員となれる可能性があります。

 

ですが、他の道については閉ざされてしまっていると
考えても良いでしょう。

こどもの頃からしっかりと進路を考えておくという事は、
将来自分がなりたい職に就くためには必須でもあるんです。

 

 

mvuisdhrt

看護教員の求人の確認ポイントや注意点

mvuisdhrt

新人教育を担当するようになり、
未来の看護師を育成する看護教員に興味が出てきた
という人も居ますよね。

実際に看護教員となるにはどうすればいいのか、
求人があった場合にどこに注目すればいいのか、
分からない部分が多くあると思います。

 

まず、求人情報を確認する際には、雇用期間や休日日数、
時間外労働について、しっかりと見ておく必要があります

 

また、給料の面は気になると思いますが、
社会保険に加入しているのか、

通勤手当や住宅手当などがあるのかという事も確認し、
勤務先の女性比率なども確認できるといいと思います。

 

看護教員として勤務する場合、
新人教育とは異なる点が多くあります。

どのような仕事をするのかという点は、
就職してみなくては分からない部分があります

 

もし疑問に思うことがある場合には、
早めに解決しておくことが大切ですよ。

この質問は変かな?と後回しにすると、
そのことが大きな疑問となってしまう場合があります

 

特に、就業条件などについては、最初は些細なことだと感じても、
ずっと勤務していくうちに、大きな問題となることも考えられます。

一つの求人にこだわらずに、自分の条件に合った仕事をするために、
転居しなくてはならない場合もあります。
一生働くのであれば、やはり妥協はしないほうがいいですよね。

 

 

ytuihedhnfs

看護教員の仕事探しのテクニック!

求人はどこで探すのが良い?

ytuihedhnfs

看護教員の仕事探しは募集条件として
教員を指定する以外にも教員のみを集めた情報サイト、
またハローワークでも探すことができます。

しかしハローワークだけでは求人を出していないこともあり、
より多くの情報を探すために看護師の転職専用の
リクルートサービス
を利用するのも良いでしょう。
 

転職専用であるため、
夜間学校や全日の専門などを網羅しているのが特徴です。

また、ほかにも出身の学校での教員を
募集していることもあるため、一度連絡をしてみる、
もしくはホームページなどを見てみるのも良いかもしれません。
 

これは在学中にお世話になった教員が残っているのであれば
連絡がしやすいでしょう。

 

 

出身校の人脈を利用する方法も

連絡することで出身校では求人がなくとも
別の学校であれば紹介できる、ちょうど探している
というように人脈から教員の仕事を探すこともできます。

しかし卒業から月日がたちすぎている、お世話になった教員が
すでに退職した、学生が多すぎたために頼ったとしても
覚えていない可能性があるという際には自分で求人を探すこととなります。
 

表だって求人を出していない場合にも学校のページでのみ
直接応募することができるというケースも多いため、
通常の検索から探してみるのも一つの方法です。

 

 

看護師資格だけで応募できる?

mjdgjdsg

現場で結婚するまで働いて、育児をある程度終えたので
仕事探しをしようかと考えた時、看護職員にでもなればと
勧められるケースがあります。

もともと看護の仕事は好きだったので
職場復帰してもいいかなと考えたけど、体力的に不安なため
先生になろうかなと考える人は少なくないようです。
 

しかし、ある程度看護師の資格以外にも必要な条件があるので、
募集にすぐに応募できるとも限りません。

病院等で5年以上は経験がなければならないので、
早めに結婚出産を契機に退職した人には残念ながら資格がないのです。

 

 

準備期間は必要

また、高校の看護科の場合も
教員の免許がなければいけないのでこれも不可能です。

成績が優秀だったり、偏差値の高い学校を卒業していたりしても、
看護教員になれるかと言うと
そういうわけではないので注意が必要です。
 

もともと教員を目指す気持ちがなかった人が、
看護の先生になるという甘い考えは捨ててください。

また、募集していなければ採用されることもないので、
自分の都合で復帰を望んで教員になれるわけでもないので
準備期間が必要です。
 

看護師の資格があれば、助産師など新たな資格が取れるので
勉強するというのもありです。
空いている時間を有効に使いましょう。